Instructor
インストラクター紹介

インストラクター1

加藤 香耶
KAYA KATO

サトヴィカ・ヨガスクール ディレクター

埼玉県出身。文化服装学院服飾専門課程服装科卒業。
アパレル販売・メーカーの事務職などを経て2008年に第1子を出産、リフレッシュの為に通っていた産後クラスでヨガに興味を持つ。2009年第2子を妊娠時、寝たきりの入院生活を余儀なくされる。
産後、入院による筋力の低下と育児疲れや産後のホルモンバランスの不調から心身のバランスを崩し、回復を目指して自宅でヨガの練習を再開する。
アーサナだけではないヨガの様々な側面を学びたいと考え、本格的にヨガを学び始める。

2013年、都内ヨガスクールにて受付スタッフとして勤務。
産後ヨガクラスを担当したことをきっかけに、川崎市内(登戸・武蔵新城)を拠点とし、ヨガの普及活動を始める。
2014年よりスクールで一般向けクラスも担当し、ティーチャー・トレーニング・コースのアシスタントも務める傍ら、2016年、サトヴィカ・ヨガスクールを設立。

  • 全米ヨガアライアンス認定インストラクター(E-RYT200)
  • 全米ヨガアライアンス認定校リラヨガ・インスティテュート ティーチャートレーニング200修了
  • ジョー・バーネット 陰ヨガ30時間ティーチャートレーニング モジュール1修了
  • 本山式経絡体操法集中セミナー修了
  • 日本メディカルハーブ協会認定メディカルハーブコーディネーター
  • NPO法人 日本森林療法協会 森林セルフケアサポーター
  • ヴィパッサナー瞑想10日間コース修了
  • 日本アーユルヴェーダ普及協会認定 アーユルヴェーダアドバイザー

ヨガとの出会い

物心ついた頃から、この世界のどこにも自分の居場所を見出せないという感覚に苛まれていました。

10代の頃は「人とは違う自分」を過剰に演出した時期もありました。
それと同時に、「人と同じようにできない自分」が嫌いでたまりませんでした。
20代になっても、生きる意味を見出せず、向こう見ずで破天荒であると同時に、臆病さも隠し切れない日々を過ごしました。
やるべきことはもちろん、やりたいことも見出せずに職を転々としました。

自分に自信がなく、母親になってからも苦悩の日々は続きました。
「このままでは、子どもに手を上げてしまうかもしれない」
自信の無さから、苛立ちや悲しみ、恐怖に心を支配され、眠れない日々…

30歳を境に、心だけでなく、身体も激しく壊れ始めました。
内科、耳鼻科、婦人科、心療内科、整形外科…ありとあらゆる病院をハシゴする日々。
毎日身体のどこかに痛みがありました。
「このままでは、私の身体はあと数年も持たないかもしれない。」
「何かがおかしい、どうにかしたい」

そう思い始めた頃、ヨガに出会いました。
「本来、世界はひとつながりである」
世界は果てしない優しさで私を包み込んでいるのに、その優しさを拒んでいるのは、自分自身。
皮膚一枚隔てた内側が自分自身、それ以外は、自分ではない。そう境界線を引いているのも、ほかならぬ私自身。
ヨガの哲学を学ぶことで、心の中でもつれた糸がスルスルと解けたように感じました。

心のこわばりが解けると、凝り固まっていた身体もみるみるほぐれたのです。
2012年、たった8週間で、心身ともに見違えるように健康になった私は、ヨガのとりこになり、その1年後にはインストラクターとして活動する決意をするまでにいたりました。

「起こることすべてに意味がある」というヨガの智慧を身につけた今では、 幼い頃からのつらかった日々も宝石の原石のように価値のあるものと感じています。
時に目を背けたくなるような人生の荒波が押し寄せたとしても、波が来たことを俯瞰して、待ちかまえるだけの余裕を持つようになりました。
そして、大きな波を乗り越えたその先には、深い安らぎに満ちた幸せな日々が訪れることを知り、 穏やかな心で日々を過ごしています。

私を苦しみから解放してくれた、ヨガの智慧の深遠さを、たくさんの方に伝えるために、活動をしています。
クラスに参加される皆様が、ヨガの智慧を日常生活に落とし込み、健やかな毎日が過ごせるようお手伝いをします!

今、皆さんの目の前には、どのような景色が広がっていますか?

世界は、私たちの心の状態を映す大きな鏡です。
目の前に広がる世界を輝かせ続けるために、一緒にヨガを学びませんか?
心を整え、身体も健やかに。
クラスでお会いできるのを楽しみにしております!

インストラクター2

馬場 健一
KENICHI BABA

アドバイザー・エネルギー療法

神奈川県出身。
新卒で最大手フィットネスクラブの治療院部門に入社。
日本女子プロゴルフツアー派遣 コンディショニングスタッフを経験。
その後、横浜の鍼灸マッサージ治療院を経て、ハリ・マッサージ治療室「活道舎」に勤務。
都内某フィットネスクラブで、~経絡を活性し、内臓力を高める~スタジオプログラムを担当。トップアスリートから一般の方まで、幅広く治療を経験。
現在、リラたま治療院を開業。
身体を通じて、こころに触れる 癒しの探求をしている。

  • 鍼・灸師
  • あんま・マッサージ・指圧師
  • 奥多摩森林セラピーアシスター
  • NPO法人 日本森林療法協会理事 森林セルフケア コーディネーター
  • ナチュラルアーシングclub

原点

今、思い返してみると、子供の頃から、自分という存在に興味をもっていました。自分とは何ものか、自分は何のために生まれてきたのか、という疑問をこころの中に感じていました。大人になった今でも、壁に直面したとき、自分らしさの原点を探してみると、小・中学生の図工や美術の授業でのシーンが思い出されます。人と違うことを自由に表現でき、自分の心の風景と向き合うことに時間を忘れて、夢中になっていたことを記憶しています。自分の理想とする作品を作るために、決して妥協せず、諦めない姿勢が、そこには在りました。学生時代を、自分の感性を素直に表現することで、喜びと自信を育てながら、成長していきました。

苦悩の日々

社会人になると、身体を動かすことや自分を自由に表現する機会は減り、感じたままを素直に表現することへの抵抗が生まれてきました。いつしか、自分の感性よりも周りの人に、どう思われるかということが気になり、自分が自分でないような肩身の狭い思いの中で、しだいに自信まで失っていきました。ちょうど、この頃から、身体にも不調の変化が現れてきました。様々な症状と慢性的な疲労感に悩まされることになりました。

気づき

そんなある日、治療家の先生に、悩みを聞いていただいていると、不思議なことに、スッーと、それまで悩んでいた症状が嘘のように消え、身体の内側から軽くなり、とても幸せな気分に満たされたのです! 私は、原因不明の症状には、精神的な問題が影響していることを、自分の身をもって、体験することになりました。まさに、症状という心の声とつながった瞬間でした。

自分との対話

そこから、急速に、自己探求への興味が湧いてきました。鍼灸やマッサージをきっかけに、様々なボディワークや坐禅、ヒーリングなどを体験しながら、自分を見つめなおす時間をつくりました。その都度、新しい自分を発見していくことは、とても刺激的でした。
しかし、しばらくすると、強い否定的な感情をお腹の奥底に抱えていることに気づきました。自分の想像もしていなかった、抑えてきた想いに触れたとき、とてもショックを受けました。孤立感と無価値感にとらわれ、どこか遠くへ逃げ出したい気持ちになり、心の声に導かれるように、自然の中へと足を運んでいました。森の中は、そんな自分を、優しく受け入れてくれるような雰囲気に包まれていました。緑のトンネル、澄んだ空気、枝葉の間を通り抜けるそよ風、小川のせせらぎ、小鳥のさえずり、ふわふわとした土の感触・・・ そのどれもが、僕の傷ついた感覚の扉を1つ1つ開けていき、深い安心感を与えてくれました。
気がつくと、自然と自分の心と向き合っていました。身体の中に、長い間、蓄積されてきた否定的な感情は解き放たれ、とても軽やかな気分になり、目にする景色がすべて眩しく、輝いてみえました。足元にある草花に目があうと、全身の細胞が喜びの感覚に満たされました。心の中心から、感謝の気持ちが溢れでてきました。
自然のいのちの場に触れることで、忘れていた子供の頃の感覚を取り戻したのです。

自分らしく生きる

身体は、心の鏡です。この自分の身体を、深く観察することは、鏡である心(素の自分)に気づくための入口になります。こころと身体がつながることで、ありのままの自分で生きることができると思うのです。同じような悩みや苦しみを感じている方にとっての、良き1つの道標として、また、その方の生きる姿に自分が勇気づけられ、そういう人との交流ができたら、幸いです。

リラたま治療院HP

インストラクター3

高橋 香
KAORI TAKAHASHI

サトヴィカ・ヨガスクール マネージャー/
インストラクター

山梨県出身。大学卒業後、予備校・メーカーにて事務職として勤務し、結婚。第一子妊娠時に悪阻のため退職。出産後は育児・家事に専念する生活を送る。ストレス発散のために通い始めたフィットネスクラブでヨガに出会う。続けるほどにより深くヨガを学びたいという思いが強まり、ティーチャートレーニングコースを受講し、2013年11月修了。シニア・マタニティ・産後ヨガについても学びを深め、都内、川崎市内中心に活動中。夫と二人の娘の四人暮らし。

  • 全米ヨガアライアンス認定ティーチャートレーニング200修了
  • ルナワークス シニアヨガ指導者養成講座修了
  • チェアヨガ ティーチャートレーニングコース修了
  • 日本マタニティヨーガ協会 マタニティヨーガ指導者養成ベーシックコース修了
  • 日本マタニティヨーガ協会 産後のヨーガ 受講
  • 日本マタニティヨーガ協会 骨盤底うるおい体操インストラクター養成講習会修了
  • ヨガ安全指導員

メッセージ

子どもの頃から運動苦手のインドア派。体育以外の運動経験がほとんどない私がヨガを始めたのは、40歳を過ぎてからでした。
「人と比べる必要はありません」
先生の言葉に励まされながら続けるうちに、筋力がつき、柔軟性がつき、猫背だった姿勢が良くなり、前向きに物事に取り組むようになりました。
心身ともに大きな変化をもたらしてくれたヨガに魅了され、現在に至っています。
柔軟性の少ない身体をあれこれ動かしながら、どうすればより快適にポーズを取る事が出来るのか、日々探究した事をレッスンでお伝えしています。

身体が硬いから、もう歳だからとヨガを諦めている方、呼吸とともに身体をほぐすことから始めましょう。