マイ・ヨガマットの選び方

「ハタヨガの真髄」でも知られる、かの有名なB.K.Sアイアンガー師が考案した「ヨガマット」。
ヨガの練習には必要不可欠です。
サトヴィカでは、ヨガプロップスの老舗「ヨガワークス」社のブラックマットをレンタル用としてご用意しています。

 

2020年6月現在、サトヴィカの会員様へのオンラインヨガの普及により、マイマットの購入を検討される方も少なくありません。
ブラックマットはプロ仕様で質の良いものですが、持ち運びには向きません。

 

せっかく購入したマイマット、ご自宅でたまに使うだけではもったいない!スタジオに持ってきたいところですよね。
そこで、持ち運びに向き、かつ受講されるクラスに合うマットの選び方をご紹介します。

クラス別オススメヨガマット

 

リラックス・セラピー・タッチ
立位のポーズでも強度を抑えめにしているのと、坐位のポーズが中心のため薄手のマットや、ディスカウントストアで販売されているノーブランド品でも良いと思います。


これがオススメ!
 ヨガワークス トラベラーライト 1mmとごく薄手なのに、優れたグリップ力。たたんで持ち運べるタイプ(重量感はかなりあります)
 ヨガワークス ヨガマット3.5mm 筒状に丸めて、キャリーケースで持ち運べるタイプ

 


はじめてヨガ・ベーシック・50代からのヨガ
転倒防止の観点から、シニア世代の方や筋力のあまり無い方はヨガ専門店の製品をおすすめいたします。


これがオススメ!

 

 ヨガワークス トラベラーライト 1mmとごく薄手なのに、優れたグリップ力。たたんで持ち運べるタイプ(重量感はかなりあります)フローリングでは床の硬さを直に感じる場合があります。
○ ヨガワークス ヨガマット3.5mm 筒状に丸めて、キャリーケースで持ち運べるタイプ。薄手で軽く、持ち運びやすいですが、フローリングでは床の硬さを直に感じる場合があります。
◎ ヨガワークス ヨガマット6mm 筒状に丸めて、キャリーケースで持ち運べるタイプ。座骨や膝、肘、頭頂部をつくポーズなどで、マットに当たる部位もしっかりサポート。安心感のある厚みです。
◎マンドゥカ エックス ヨガマット(5mm)

 


アドバンス
強度の高いポーズを行うことから、グリップ感の高さが重要になります。ダウンドッグで手足が滑らないことを確認してください。
極力、スタジオのブラックマットをご利用いただくことをおすすめいたします。

 

これがオススメ!ヨガワークス ワッフルヨガラグ
マットの上に重ねて敷くタイプのラグ(布製)。ラグのみではご使用いただけません。レンタルマットを衛生的に使える優れものです。
※筋力によっては滑る場合があります。

 

 ヨガワークス ヨガマット6mm 筒状に丸めて、キャリーケースで持ち運べるタイプ。座骨や膝、肘、頭頂部をつくポーズなどで、マットに当たる部位もしっかりサポート。安心感のある厚みです。
◎ ヨガワークス プラネットサダナ4.2mm 筒状に丸めて、キャリーケースで持ち運べるタイプ。サトヴィカの備品であるブラックマットの、ポータブル用に作られたものです。


 

各社ホームページ
ヨガワークス ブラックマットを購入の場合は、サトヴィカを通すことで割引があります。お声掛けください。
マンドゥカ

ヨガとは?

このページを読んでくださっている皆様には、ヨガを始めたいと思ったきっかけがあると思います。

 

ダイエットや美容、運動不足解消、リラックスしたいなど、入口は人によって様々ですね。
ヨガを続けると、ポーズの完成度など「見た目」でわかる結果を求めることもありますが、ヨガ本来の目的はそれとは別ものです。
さて、ヨガとは一体なんなのでしょうか。

 

ヨガ発祥の地・インド

 

ヨガってなに?

 

ヨガの起源は5000年ほど前と言われており、インダス文明にさかのぼります。
ヨガとはサンスクリット語の「yuj(馬と馬車をつなぐ道具=軛・くびきを意味する言葉)」から派生し「Yoga」になりました。
結ぶ、つなぐ、つながり、という意味があります。

 

何と何をつなぐの?

「心と体、魂が宇宙に結びついていることを知るための修行法」がヨガです。

ヨガの経典「ヨガ・スートラ」によると、ヨガは「心の作用を止滅させること」であると定義され、
心の動きを制御するさまざまな修行により、生きることの苦しみ(輪廻転生)から解放されることを目的としています。

現在ではダイエットや健康法としての側面が脚光を浴びていますが、本来の目的は「苦しみから解放され、快適で安定した心で日々を過ごすこと」です。

 

ポーズ=ヨガではないの?

 

「ポーズ」を意味するサンスクリット語の「アサナ」は、本来「座り方」という意味です。ヨガの起源から1500年くらいの間は「ポーズ(アサナ)」=瞑想のための座り方でした。
今では様々な形があるポーズ(アサナ)は、その座り方を完成する目的のために、編み出されたものです。その根本経典となる「ハタヨーガ・プラディーピカー」は紀元後1600年頃に生まれました。

 

「ヨーガ・スートラ」に記された「ヨガの八支則」によれば、アサナは3番目。ヨガのゴールに向かうためには、アサナで身体を整えたのち、呼吸法、制感、瞑想…と段階を追って実践するのです。

 

本来のポーズ(アサナ)の目的は「瞑想のために身体を整える手段」であり、ヨガ体系全体から見れば、ごく一部でした。

>>続いて、「ヨガの八支則」とは?

 


そのほかのwebヨガ講座

 

サトヴィカのヨガweb講座vol.2~ヨーガ・スートラにおけるヨガの八支則~
サトヴィカのヨガweb講座vol.3~まずは日常生活を整え、ポーズ(アサナ)を実践しましょう~
サトヴィカのwebヨガ講座vol.4 ~呼吸法を知る!ウジャイ呼吸とは~

 

 

ヨガの成り立ちや哲学を学べるクラス

 

【ヨガ哲学入門】ヨガの歴史とヨーガ・スートラ勉強会(全3回)
【ヨガ哲学入門】バガヴァッド・ギーター勉強会(全3回)

ヨガの八支則とは

サトヴィカのヨガ講座vol.1 ~ヨガの起源と、本来の目的~では、ヨガやアサナの本来の意味をお伝えしました。

続いて、ヨガを八段階に分けて深める「アシュタンガ・ヨガ」(アサナの流派としてのアシュタンガ・ヨガとは別物です)についてです。

 

vol.1でお伝えしたようにアサナは当初、瞑想の座り方だけを意味していました。ヨガの根本経典である「ヨーガ・スートラ」には、ヨガの八支則(アシュタンガ・ヨガ)というヨーガの実践段階が教えられています。

 

ヨガの八支則

 

1.ヤマ(禁戒)日常において、他者に対して行うべきこと①非暴力(アヒンサー)
②正直(サティヤ)
③不盗(アスティヤ)
④禁欲(ブラフマチャリヤ)
⑤不貪(アパリグラハ)


2.ニヤマ(勧戒)日常において、自分のために行うべきこと

①清浄(シャウチャ)
②知足(サントーシャ)
③苦行(タパス)
④学び(スヴァディアーヤ)
⑤信仰(イーシュヴァラ・プラニダーナ)

 

3.アサナ(坐法)
4.プラーナーヤーマ(調気法)
5.プラティヤーハーラ(制感)
6.ダーラナー(集中)
7.ディヤーナ(瞑想)
8.サマーディ(三昧)

 

八支則によれば、まず整えるべきは日常における態度であり、第1段階の「ヤマ」と第2段階目「ニヤマ」です。
アーサナはその3段階目にあたり、4段階目はプラーナーヤーマ(調気法=呼吸法)、5段階目が制感(感覚制御)、6、7、8段階目が3段階をまとめて瞑想になります。
姿勢・呼吸・感覚を整えてから、瞑想をする。それがヨガの進め方です。

 

>>続いて、結局、なぜヨガがいいの?

 


そのほかのサトヴィカのwebヨガ講座

 

サトヴィカのwebヨガ講座vol.1 ~ヨガの起源と、本来の目的~
サトヴィカのwebヨガ講座vol.3~結局、なぜヨガがいいの?~
サトヴィカのwebヨガ講座vol.4 ~呼吸法を知る!ウジャイ呼吸とは~

 

ヨガの成り立ちや哲学を学べるクラス

 

【ヨガ哲学入門】ヨガの歴史とヨーガスートラ勉強会(全3回)
【ヨガ哲学入門】バガヴァッド・ギーター勉強会(全3回)

結局、なぜヨガがいいの?

美容法やダイエット、健康体操としてもブームとなっているヨガですが、本来の目的は「苦しみから解放され、快適で安定した心で日々を過ごすこと」と、サトヴィカのヨガ講座vol.1 ~ヨガの起源と、本来の目的~ではお伝えしました。

 

まずは、日常生活において心を整え、次に瞑想に向けた身体作りとして、ポーズ(アサナ)を行いましょう。
瞑想のための坐法を長時間保つことは、実は難易度の高いポーズ(アサナ)よりも難しいのです。
瞑想は、行いたくなったら行えば良いものです。

 

ポーズ(アサナ)では体の歪みを矯正し、柔軟性が高まったり、体力がアップしたりなどの効果がありますが、呼吸法や瞑想法を組み合わせることでさらなる効果が期待できます。集中力が高まり、穏やかな精神状態を保つことができます。
体全体が引き締まり、ポジティブで穏やかな気持ちを得られることこそがヨガの良いところです。

>>続いて、ヨガの呼吸法とは?

 


そのほかのwebヨガ講座

 

サトヴィカのwebヨガ講座vol.1 ~ヨガの起源と、本来の目的~
サトヴィカのwebヨガ講座vol.2~ヨーガ・スートラにおけるヨガの八支則~
サトヴィカのwebヨガ講座vol.4 ~呼吸法を知る!ウジャイ呼吸とは~

 

ヨガの成り立ちや哲学を学べるクラス

 

【ヨガ哲学入門】ヨガの歴史とヨーガスートラ勉強会(全3回)
【ヨガ哲学入門】バガヴァッド・ギーター勉強会(全3回)

ヨガの呼吸法とは?

サトヴィカのwebヨガ講座vol.3~まずは日常生活を整え、ポーズを実践しましょう~ 」では、
ポーズ(アサナ)に呼吸法や瞑想法を組み合わせることで、さらなるヨガの効果が期待できます。集中力が高まり、穏やかな精神状態を保つことができます。とお伝えしました。
今回はヨガの「呼吸法」について、お伝えします。

 

なぜ呼吸が重要?

 

ヨガとほかの体操やストレッチとの大きな違いは、身体の動きと呼吸を連動させていることです。
ヨガの呼吸は、息を吸うときも吐くときも鼻で行うのが基本です。
呼吸をすることで、身体のエネルギー(=気・プラナ)が流れ、心身ともにリラックス効果が期待できます。
また、呼吸に合わせてゆっくり動くことで安全にポーズを深めることができます。
特にアシュタンガヨガやパワーヨガにおけるウジャイ呼吸は、ケガを予防する意味でも重要です。

 

ウジャイ呼吸とは?

 

勝利の呼吸とも呼ばれます。喉を閉じ、呼吸の摩擦音に耳を澄ます胸式呼吸のこと。
サトヴィカのベーシック・アドバンスはこの呼吸法を用いて行います。

 

ウジャイ呼吸の目的

 

エネルギーを蓄え、気の流れをコントロールします。
ウジャイ呼吸は、「勝利の呼吸」と言われ、プラナ(気、生命エネルギー)を蓄えたり、気の流れを整える効果があると言われています。
正しく行うことでポーズが安定し、体幹が強化されます。また、喉の奥で響く呼吸音を感じ取り、リラックス効果と集中力も高めてくれます。身体を温める効果があるため、血流UPや内臓の活性化にも役立ちます。

 

プラナを体内に巡らせるウジャイ呼吸を体得して呼吸の変化を感じやすくなると、「バンダ」を見つけやすくなります。
次回は、「バンダ」についてお伝えします。


そのほかのwebヨガ講座

サトヴィカのwebヨガ講座vol.1 ~ヨガの起源と、本来の目的~
サトヴィカのwebヨガ講座vol.2~ヨーガ・スートラにおけるヨガの八支則~
サトヴィカのwebヨガ講座vol.3~結局、なぜヨガがいいの?~

ヨガの呼吸法を学べるクラス

呼吸法基礎と坐法入門 加藤香耶

パワンムクタアーサナとは?

ヨガというと、身体が硬いから…と敬遠される方も少なくありません。
しかしヨガのポーズは、難易度の高いアサナ(ポーズ)の方が、誰にでもできる簡単なアサナよりも効果があるかと言えば、そうとも言いきれません。
毎日のレッスンで大事にしたいのは、難易度の高いアサナを練習することではなく、必ず行うウォーミングアップ体操の「パワンムクタアーサナ」です。
これは怪我を予防するためのウォーミングアップでもあり、気血の巡りを整えるための、ヨガにおける重要なパートでもあります。

 

パワンムクタアーサナとは?

 

全身の関節を末端から順に一つずつ丁寧に動かすという、ごくシンプルなものです。
それによって関節および関節に関連した筋肉や腱等の支持組織を動かし、全身の血液・体液・プラナの循環を促します。

 

陰ヨガの創始者ポール・グリリー先生が影響を受けたとして知られている本山博先生が考案した「本山式経絡体操」に取り入れられています。
本山先生の経絡体操の一部としてのパワンムクタアーサナは、「インテグラル・ヨーガ」の著者として有名なスワミ・サッチダーナンダ先生のテキストがもとになっています。そのテキストもインドの文献を参考にしたテキストだと思われますので、サッチダーナンダ先生がパワンムクタアーサナを考案したということでも無さそうです。

 

「アサナ プラナヤマ ムドラ バンダ」というスワミ・サテャナンダ先生の著書に詳しく書かれています。
(※ヨガの指導者でパワンムクタアーサナを学ぼうとする方は、まずこの本を手に入れたがる方が多いのですが…まずは実技のクラスで直接指導を受け、何百回でも実践することをおすすめします。「気」の世界は、目に見えないがゆえ、知識よりも先に体験することをおすすめします。)

 

サトヴィカのパワンムクタアーサナ

 

経絡体操に基づいた指導をしています。
関節の動かし方が筋肉・経絡にどう影響するのか、体操をする前と後ではどのような変化があるのか等、観察しながら行っていただきます。
骨格や姿勢によって行う順番を個々に変えていただく場合もございます。

 

パワンムクタアーサナの指導は、「はじめてヨガ」「ベーシック」「リラックス(陰ヨガ)」「50代からのヨガ」「陰ヨガとセルフ・セラピー・タッチ」で毎回行っています。

 

各クラスの詳細はこちら

 

そのほかのwebヨガ講座

 

サトヴィカのwebヨガ講座vol.1 ~ヨガの起源と、本来の目的~
サトヴィカのwebヨガ講座vol.2~ヨーガ・スートラにおけるヨガの八支則~
サトヴィカのwebヨガ講座vol.3~結局、なぜヨガがいいの?~
サトヴィカのwebヨガ講座vol.4 ~呼吸法を知る!ウジャイ呼吸とは~

パワンムクタアーサナを学べるクラス

 

詳解!パワンムクタアーサナ【腎経・膀胱経を学んで、冷え・むくみを予防】 加藤香耶