Blog


話す、聴く、共感する 加藤香耶

2020/10/16

朝早くに登戸に出かけて、帰りにふと思い出して昨年できたカフェに寄った。
午前中なら珈琲が飲めるし(12時過ぎて飲むと夜眠れなくなる体質)、時間があるし、駐車場があるし、静かな屋内でゆっくりしたい気分だった。

ロック村出身の私には聴きなれないジャズが流れる店内。
20代の頃、新宿や原宿に勤めていたのだけれど、カフェが苦手だったことを、ふと思い出した。あの頃はドトールで煙草を吸っている方が良かった。
ボーっとするのが苦手だったような気もする。心地よく過ごせるようになったのは最近かもしれない。
今はボーっとするために、カフェや居酒屋に行っているような気がする。
いつどうやって変わったのかは覚えていない。

スタジオに戻って、珍しくサトヴィカの身内でランチ会。

香さん、スタッフきよみさん、お休み中の未和子さんの3人と、女性陣だけで「きみ松」さんの「きみ松善」をいただきました。800円て!!
私はとろろ膳にしてみました。これも900円て!!豪華~
サトヴィカのすぐ近く、12:00-14:00からですよ。

んで馬場先生が後から到着するので、サトヴィカからすぐの「CHILL」に移動して(私のインスタを見ている方にはおなじみですね)、食後のティータイム。デカフェがあるのを発見してイエーイ。
途中で眠くなってホゲーとしていだけど、なんだか色々話した。ヨガ哲学の話とかした。まじめ!!
夕方にリンパケアのご予約をいただいていたのでお酒は飲まないよ。

リンパケア、リピートでもご予約いただいけるようになってきて嬉しいです。
触れたり、お話を聴いたりして、共感する、そんな仕事がずっとしたかったのでした。

感染症の影響でスタジオを休業した春。
会員の皆さんにはこんな時こそヨガを続けていただければと思っていたので、オンラインレッスンができることはありがたかった。
だけど触れられないもどかしさにやられて、zoomを立ち上げて準備をしている時に、涙がダラダラと止まらなくなったことも何度かあった。私はいったい何をやっているんだろう??DVDの中の人か?これでいいのか?

前からなんとなく考えてはいた。より触れる仕事をしよう、休業前に動き出していたのだけれど、間に合わなかった。休業があけたら、本格的に動き出そう。

今やっとそれが形になって、皆さんの身体に触れて、お話を聴いて、脳内体験をさせてもらっている。
今日は、海外生活を体験させてもらった。なんだか悲しい気持ちも、嬉しい気持ちも体験した。

話す、聴く、共感する。
「セルフ・アファメーション」というクラスのコンセプトです。
それはきっと、サトヴィカのコンセプトでもあると思い始めています。

癒されるあなたに共感することで私が癒されて、生きている実感が湧きます。
やりがいや生きがいということについて考える、そんな今日この頃です。

加藤香耶

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

Log in as an administrator and view the Instagram Feed settings page for more details.