Blog


穀雨そして土用 馬場健一

2020/04/23

こんにちは、セラピータッチ&自然ガイド担当の馬場です。

先の見えない不安があたり前だと思っていた日常を隠し続けていますが、自然は歩みを止めることはありません。
忙しい合間に休息時間を設けて、一瞬でも自然に戻る意識を持つようにしていきたいと思っています。

空の向こうに視点を広げてみると、地球上では24節気「穀雨(こくう)」を迎えました。
1年を24分割すると晩春になります。
穀雨とは、春雨が穀物を潤し育てる時期を表現した言葉です。

自然に目を向けると、近所の散歩道には、先日の雨のおかげで生き生きとコデマリの花が咲き始めています。
コデマリは、バラ科のかわいらしい白い花。
小さな花が手毬のように丸く集まっていることから小手毬といいます。

また、穀雨を過ぎて、立夏までを(春の)土用といって、これから徐々に夏に近づいていく時期でもあります。

東洋医学では、自然のリズムに合わせて暮らすことが健康の秘訣と捉えています。
土用の期間は、生命エネルギーである気の巡りが胃・脾経を整えるのに適したタイミングに入りますので、日頃の働きに感謝し、労ることが大切になります。

陰ヨガやセラピータッチでは、このあたりにフォーカスして、今、自分のからだと向き合っていきたいと思っています。
今は、ソロ・ナチュラル・アーシングを楽しんでいます。

馬場

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

Log in as an administrator and view the Instagram Feed settings page for more details.