Blog


心の風景と輝きの色 馬場健一

2020/03/01

私の心は、色に触れられることに癒しを感じている。

好きな色、嫌いな色、そのどちらの色も大切に活かして生きたい。

私は色の世界が好きだ。

いつも惹かれる色もあれば、時期ごとに変化する色も
ある。

好きの横にはいつも嫌いがあって、あたかも好きをより輝かせるかのようにも感じる。

好きがあるから嫌いに気づいて、嫌いを知ってより好きに深みがうまれる。

今日も私の心に光る一つの色の風景が存在している。

その風景を丁寧に感じて、忠実に創り出すことが最近好きなセルフケアになっている。

心の内側には、いつだって無数の色が存在していて、

その一つ一つを思い思いに組み合わせては、ただ一つの私の色を創り出していく。
私は色が好きだ。
好きの前には決して、理由はない。

ふとっ、気づく・・・
いつから目的のための色作りばかりに命を注いできたのだろうかと。

心が求めていることは、ただの好きを自由に創造してもいいというそれだけだったのかもしれない。

ぴったりの心の色を創り出せた時、私のハートの背中には白金の大きな翼が輝きはじめる。

私は、好きの光で世界を照らすたった一つの命の輝き。
そして、あなたも。

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

Log in as an administrator and view the Instagram Feed settings page for more details.