Blog


オンラインヨガのチラシを作りました/税理士さんからのご感想 加藤香耶

2020/04/14

緊急事態宣言の発令から1週間。短くてもあと3週間以上の自粛生活。ふと、長いなぁ~と。
もはやスーパーにも出かけない、接触9割減生活が板についている私ですが(食材は生協さんに届けてもらうのと、野菜の無人販売で調達、家族と香先生と馬場先生と、テイクアウト販売を頑張っているお店の人たちにしか会わない生活)

これだけ長いなら、今日チラシを作れば4月中にポスティング依頼できると思いついて、無料ソフトを使ってさくっと作りました。
必要な人に届きますように。

私は、なんでもかんでも「やりたい」と思ったら、専門分野外でもとりあえず素人にもできる方法を調べまくって形にしたい。
エクセルの関数などはかつての得意分野なので、毎日スタジオの収支や、来校された方の予約データを元に曜日別・クラス別のデータ分析等すべて自分で行っています。
税金に関してはちんぷんかんぷんなので、プロの税理士さんに丸投げです。自分でまとめたデータを、送るだけ。
お金の事は、スタジオオープン以来ずっと、鈴木麻紗子さんにお願いしています。紹介に限り、顧問契約していただける麻紗子さんのホームページはこちら

麻紗子さん、先週お母さまがオンラインヨガに興味を持たれていると「50代からのヨガ」を予約をされて、昨日もご参加くださいました。
そして麻紗子さんご自身も、日曜日の「はじめてヨガ」にご参加。感想をご紹介♪

「他人の目が気にならない、家だからリラックスできる、行き来の時間がなく、荷物(着替え)を持っていくなどの手間もなし、ノーメイク、家着でも参加できる(笑)
つまり手軽なところが、とてもよかったです!
朝一番(私にとっては、、、)に受けたことで、そのあとの時間を有意義につかえるところもよかったです。 ありがとうございました! 明日は、母がお世話になります。よろしくお願いします!」

日々、たくさんの方とメールやSNSでやり取りをして、「つながっている」実感があります。インターネットに活かされているような錯覚に陥ります。このオンラインヨガも、たとえば今後、昨年のように大型台風で休講にせざるを得なくなった時に、役に立ちそうですね。
きっと、ライブ配信の無かった時代には、戻れっこないのですよね。
そら恐ろしいような、でも、電話がなかった時代の人たちは、電話が台頭してきた時に同じようなことを思ったのではないか?
ポケベルやPHSは、親の目の届かないところで子どもたちが誰とつながっているかわからず、その時代の親たちはどうなっているんだ…と思ったのではないか?
我が家の子どもたちも、オンラインゲームで知らない人とつながっていたりする。「大丈夫なのそれ?」って、親である私は思うわけです。
もちろん情報を遮断して、子どもたちを無菌状態(菌=悪いという意味ではなく)で育てることもできなくはなかったのかもしれない。
だけど私は、パソコンやインターネットが好きでなのですね、おそらく。
何がどうなっていてこんな便利に使えているのか、仕組みはわかっていないけれども。
人も好きだし、パソコンも好き。

私の夫は、人が苦手で、パソコンが好きで、システムエンジニアです。
人が好き!な私には「機械がすべて」のように見えて理解できないなあと思っていたけれども、そういう人の仕事のお陰で私たちがのうのうとLINEやfacebookやzoomでつながりたい人とつながれるんだなと、このたび理解したのでした。いろいろな職業があって、いろいろな人がいる。

ここ新城でも休業を選ぶ人がいれば、営業継続を選ぶ人もいる。私がオンラインで営業継続できるのはこの業種だからであるけれども、なんの苦も無く切り替えたわけでもないし、デメリットもたくさんある。皆それぞれが苦渋の選択を迫られている。
自分の意見と違うと思っても、わざわざ否定して傷つけるようなことを伝える必要はないし…でも情報として必要なことは伝えた方が良いと思う。

私の大切な人たちが誰も傷つかないと良いなと思います。

加藤香耶