Blog


まごころの森 馬場健一

2019/12/09

月に一度、サトヴィカのスタジオの真ん中に輪をつくり語り合う、それがセルフアファメーションという多種多様な命が交流する場です。

その場には、話す・聴く・共感の気が穏やかに流れています。

生きていれば誰もが大なり小なり悩みの種を抱えています。

私自身も普段、自分の頭の中だけで、自問自答しては、結局、同じ答えにばかり行き着いてしまい、思うような思考の整理ができないことがよくあります。

そんな時、どうすればもっと効率的な思考ができるようになるのだろうか・・・

そうして、また無意識に悩みを育んでいく、こうなっていくと終わりは見えません。

そんな状況から離れるきっかけとなった貴重な体験がありました。

ある日の昼休み、信頼していた先生に今の自分の状況について、話を聞いてもらったことがありました。

すると、感じていた肉体的・精神的な症状がその場で一瞬に消えるという体験をしたのです。

今、人生を振り返ってみると、この瞬間にセルフアファメーションの種は誕生したと感じています。

これまで自分の頭の中ばかりで考えていた大切な悩みを一度、頭の外に出してみる。

頭の中の状況を話すことで、頭の中に余白が生まれ、少し考えに余裕が生まれてきます。

その余白に新鮮な空気が流れてきて、思考の深呼吸をしたようなスッキリ感を経験したり、新たな発想やアイデアが浮かぶことも少なくありません。

話すことじたいで悩みが解決するわけではないのですが、話すことでそれまでに触れられていなかった思考に気づきが与えられることはあるのかもしれません。

話す・聴く・共感するという肯定的なエネルギーが満ちた場は、いってみれば、多種多様な命の森にも似ています。

その場に在る全てがあなたの話に心を傾けています。

あなたは、ただ自分の気持ちに素直になって、森を感じているだけでいいのです。
小さな一歩を踏み出したくなったらいつでもセルフアファメーションというまごころの森にいらしてください。

私たちは、いつまでもここで待っています。

馬場健一

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

Log in as an administrator and view the Instagram Feed settings page for more details.