Blog


たまには突然変性意識の話 加藤香耶

2019/03/20

脳内麻薬とか変性意識とか聞き古したような言葉は多々あれど
日々我が子たちと瞑想(内観)の練習を繰り返す中で、シャヴァ・アーサナ(あるいはヨーガ・ニードラ)というのはトランス状態に入りやすいとあらためて感じるのです(ある意味妙な家庭というか母親かもしれませんが、すくすく育っていますのでご安心ください)。
シャヴァアーサナは、ただの仰向けではありません。

思えば大音量で音楽聴いてお酒飲んで踊るなんてのも一種の脳内麻薬が出ているような状態だったように思うし、そこから足を洗った(夜は寝たいんだよ)今の私はと言えば森の中でハダシで寝転がって意識を飛ばしているような時もあるような!

違法なあれこれを使わなくたって(使ったことないよ)
音楽やヨガやナチュラルアーシングで、飛べるよねえ?祭りや神輿なんかもそんな感じ?シラフの集団トランス状態という意味で。
それって第7チャクラが開いているということ同じなの?違うの?
って誰になんの同意を求めているのかわかりませんが、サトヴィカのクラスのBGMは各チャクラのソルフェジオ周波数にそれぞれ呼応しています。
チャクラというのは身体に7つあるとされているエネルギーセンターで、ヨガや瞑想、呼吸法を行うことで活性化されます。

だからスタジオに来てシャヴァアーサナするだけでチャクラも整うこと請け合い。

ですが、第1チャクラを整えるには歩くという行為(=地に足をつけること)がとても大切あるとも思います。
歩くクラスを再開するぞーと思ったのはそんなわけです。
朝ヨガ&せせらぎウォーキングin新城」のことです。

第7チャクラを覚醒することがヨガの目的なので、第1チャクラから活性することは大切です。
もちろん、チャクラってなんだか知らないよ!という方のクラス参加もOKです。