Blog


お寺と弥生遺跡 馬場健一

2020/02/13

前回のブログ「焼き芋とお寺」で焼き芋を頂き、腹ごしらえをしたその後・・・
向かった先は、ツツジ寺で知られている天台宗の寺院「等覚院(とうがくいん)」。

歴史を感じる重厚な門をくぐり、階段を上がると場の雰囲気が一変。
自然と重心が腹の底に下りる感覚に気づき、身心の落ち着きを取り戻しました。

お寺の周りは、ケヤキやコナラ、クヌギにシイといった落葉・常緑の混交林になっています。

この地域は、すっかり少なくなってしまった鎮守の森の神社や弥生時代の遺跡の残るシラカシの森など自然豊かな環境を現在に残しています。
本堂前の庭木には、黄色いセキレイやかわいいエナガの姿も見られました。

ホッとひと息つけたので、続いて、お寺の裏道からつながる東高根森林公園へ向けて出発。

少し急な上りの林道を抜けると見晴らしの良い高台に出ました。
快晴の青空の先には、富士山も望めます。

富士山が見られると何だか得した気分になるのは日本人だからでしょうか。
上りの疲れも忘れてしまいます。

さらにこの先の道を右に曲がれば5分程で弥生時代の記憶を今に残すシラカシの森です。

(つづく)

馬場

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

Log in as an administrator and view the Instagram Feed settings page for more details.