Blog


「VIP席」はお好きですか? 吉満美穂

2017/12/11

こんにちは。インストラクターの吉満です。
ひと月前くらいから虫歯の治療で歯科通いが続いています。

20年近くお世話になっている歯科医院ですが、最近お父様から息子さんへ院長の代変わりがあり院内が新しくなっていました。

2回目に通された「奥の3番の椅子」。これに衝撃を受けました。

なんて座り心地の良い椅子!!クッションは硬すぎず柔らかすぎず、どんな角度でも身体への馴染み具合が良く、頭部を下げられてもどこも力むところがなくそのまま眠りたくなるほどです(さすがに治療中は眠気は飛びますが)。
「一脚の優れた椅子は見ているだけでも美しく座ればさらに幸せな気持ちにしてくれる」と思っている私は、治療機器の一部だとしても優れた椅子というものがあるのだといたく感動したのでした。

この椅子は「ユニット」というものらしく歯科治療を行ううえで非常に重要なのだそう。
そう言われてみればそうですよね。

リクライニングは必須、様々なマシーンを装備していて、「奥の3番」には微小な虫歯までとらえることができる最新のカメラ(何十倍にも見えるやつ)とモニターがついています。
患者さんの為の椅子ではなく、歯科医師の大切な治療道具のひとつなわけです。

次の治療もその次の治療も「奥の3番」に通されてラッキーと思っていた私。
飛行機でいえばファーストクラス。映画館ならエグゼクティブシートです。
ところが先日、古くからお世話になっている衛生士さんとお話しをする機会があり、椅子に感動した話しをしたら
「あそこはホントに座り心地がいいんですよね。でも、根の治療などちょっと大変な治療のかたしか座れないんですよ」と半分申し訳なさそうなお顔。

わぁ・・・。「ちょっと大変な治療の患者さん」だったと気づく私。

そういえば、治療時間も他の患者さんより長い。歯科治療の後は毎回ぐったりしているのは私の根性がないせいだと思っていました(病院に行くという行為で疲れてしまう)。


※写真はイメージです^^

今日も行ってまいりました。「奥の3番目」でした。苦笑い。

「今日が最後かもしれない」と名残惜しいような、「今日が最後でありますように」と願うような、複雑な気持ちで最高の座り心地を味わってきました。

椅子の持つチカラ、スゴイです。

吉満 美穂

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

Log in as an administrator and view the Instagram Feed settings page for more details.