HOT TOPICS
お知らせ

気と木 加藤香耶

先生、なにかスタジオのキを変えましたか?と尋ねられたので
「木、変えました(梅の枝を買ったことかな?数年スタジオにあったアマゾンオリーブを外に出したことかな?)」と答えたたら
「木ではなくて、気、元気の気」
「そっち!笑」
静かに、ふふふと笑い合いました。
しかもクラスで行ったポーズが、木のポーズだったし…笑

 

気を変えるという概念。興味深いです。
サンスクリット語では、気=プラナ=生命エネルギー。
スタジオの気が変わるということはありそうですね。

 

そして今日も「木」に会ってきました。

 

詳しく知らなければ到底入り込めない、住宅地の細い坂に入って30秒で出会える井田の大銀杏。
ぼうっと雑草を指ではさんで数分のアーシング。電気が抜ける。全身が、胸が、ゆるむ。
聞こえるのは、シジュウカラの鳴き声と、遠くからうっすらとした車の音。近くで枯葉がガサゴソ鳴る。ずいぶんと長い時間、鳴る。
人間か、タヌキか…ドキドキする。
正体は、小さな野鳥、ハクセキレイ。小鳥は本当に、かわいい。

帰ったら雨が降ってきて、今日も木、火、土、金、水すべてのエネルギーを享受したなと感謝しました。

 

そして夜の陰ヨガの時間、皆さんの気の一斉に高まったような感じがした瞬間があり、なんだか印象的でした。
今日もありがとうございました。

※せせらぎ遊歩道の河津桜が咲きはじめました。

 

香耶