Blog
SATTViCA ブログ

外食はしてるよ&スパイス生活と陰ヨガの話 加藤香耶

インスタを見てくださっている会員さんたちから、最近外食してないんですねって言われることがよくあります。
ここ数ヶ月は行ったところほぼ載せてないだけです〜
9割9分載せてませーん。
個人のインスタもフォローお気軽に!どなただかわからない場合は承認しない場合もありますので悪しからず…)
特に宣言明けてからは行き過ぎて恥ずかしくてあげられないくらいなので…(お店の皆様にはごめんなさい!)

 

なんだか胃が疲れている感じがして、陰ヨガや手当てでセルフケア。
それだけでも足りないかも…と、減食と禁酒を数日実践しています。

 

 

そこで野菜料理とスパイスに着眼。
今日は半日お休みだったので、Aプライスと業務スーパーをはしごしてスパイスを買い込み、西友裏の「井上さん」では野菜をしこたま買い込みました。ほぼ100円なのに、950円分買いました。
家にあった野菜と、会員さんにいただいた北海道のじゃがいもや玉ねぎも使って、インド料理を。

 

じゃがいも、ナス、オクラのサブジと、玉ねぎときゅうりのアチャール(激辛)。
根菜のピクルスや大根葉とベーコンの炒め物も作りました。
大好きな黒コショウと花椒もたくさん手に入れたのでこれからのスパイス生活が楽しみです。豆板醤や甜面醤、トムヤムクンのペーストも買っちゃった…

 

 

食べ物が変わると、てきめんに身体が変わりますよね。
大切なことを思い出しました。


 

自分が大切にしたいことはなんだろうと、時折考えます。

 

ヨガを教えるにあたって、体操の先生ではないということを自覚すること。

 

クラスの冒頭で、参加者の皆様にフルネームを言っていただく時間がありました。
それをやめることにしました。名前を知られたくない方もいるという現状を鑑みたのと、その他いくつかの理由があって、決めました。

 

私は、参加される方のお名前はしっかり覚えています。なので、私への挨拶ではありません。
参加される方同士も、複数の方のお名前を一度に覚えないと思います。

 

私が所属していたスタジオでは、30人の参加者がいても、数分かけて名前を言っていただいていました。
それは、同じ空間を共有する方たちとのつながり(=yoga)を体感するため、という、私の先生の方針で行っていました。

 

単なる自己紹介ではありません。だけど、私にはそれを説明する場所がない。
私の先生はたくさんのインストラクターを育てていて、そのトレーニングクラスの中でそのことについて言及していたので、そこに通う人たちの理解がありました。
私は先生と違う道を選んだのだから、なにもかも真似し続けることはできない。
もう何年もお会いしていないながらも、時折そうやって、何をどうしても敵わない恩師のことを思い出します。

お名前を名乗らなくても良いので、クラスの最後のご挨拶「ありがとうございました」は発声してください。
私へのお礼でなく、同じ時間に同じ場で過ごした方へのご挨拶として、お願いいたします。

 

今日は、もう一人のヨガの先生、陰ヨガのジョー・バーネット先生のオンラインレッスンを受けました。

11:30スタートなので、朝のクラスの直後だなとあきらめていたのですが、掃除とか特急でがんばれば間に合わないこともないか…と
前日に申し込み。
計画性のないヨガレッスンの申し込みはしない主義なのですが…今日だけは。

 

すごーくよかったです。
後屈で紹介されたオープンハートのポーズが心身に効きました。
もう1年以上離れ離れ、アメリカ人のジョー先生はどうしても日本に来ることができない。
オンラインでもお会いできることがとてもありがたいことでした。
コーディネートしてくれる皆様ありがとうございます。

 

陰ヨガを伝え続けたい、目を閉じてポーズをとることがこんなにも自分を整えるということを、もっと伝えていきたいなと思った1日でした。

 

木曜の夜は、19:30-20:30で陰ヨガのクラスを行っています。
はじめての方もお気軽にいらしてくださいね✨

 

香耶