Blog
SATTViCA ブログ

ヨガマットやヨガウェアのこと

ヨガマット、ケアしていますか?
私はここ9年間yogaworksユーザーで、特にマットには絶対の信頼をおいています。

 

スタジオオープン当時、レンタル用に買いそろえたのは最高級のブラックマット。
私がレッスン用に愛用しているのは、薄手のブラックマットといった風情のプラネットサダナ。
会員の皆様におすすめしているのは、ヨガマット6㎜。新城神社クラブ時代に毎日使っていました。

 

今回、皆さんが自宅で陰ヨガをやるくらいであれば3.5mmでもいいのかなと、薄手のマットを発注してみました。

 

※ちなみに厚手で弾力のあるタイプはピラティス専用で、ヨガマットとは似て非なるものです。お間違いなきよう。
ヨガマットと称して売られているふわふわのマットもありますが、坐位で腰に負担がかかり危険です。

 

ヨガマットのお手入れは、yogaworks社のサイトが参考になりますよ。

 


 

さて、ヨガウェアについて。
長年、easyogaのレギンスを愛用していました。ヨガ用キャミソールは、わけあって数年前に着るのをやめました。
撮影の時だけ着てます。
レギンスは、ポーズの形を見せやすい。だけど、化繊に締め付けられて皮膚が苦しい。レッスンが終わるなり即座に脱いで、次のレッスンが始まる直前に履く。
そんなに苦手な服を来てレッスンするのって、どうなの。

 

もうやめようよ。

心の声を尊重して、最近ではシルエットのゆるいアラジンパンツだけ履いています。
ポーズの形は見えにくいのかもしれない。
膝を見せたい時はたくし上げるなどして、工夫をしていますのでご容赦ください。

 

ボトムスがふわっとしている場合は、トップスはタイトにするのが私のお約束。
身体のカサが少ないので、全身ダボっとしていると服に着られてしまってあか抜けない。全身ピタっとしていると、低体重っぷり※が目立ちすぎる。
ピタT(若かりし頃のいしだ壱成を思い出すよね)とアラジンパンツ、またはゆるTとレギンスが◎
メリハリが大事です。

 

※5kg増えた体重は、減食によりあっという間に4kg戻りました。残り1~2kgを死守していますが、脱落するのも時間の問題。
食べれば太る、食べなきゃ痩せる。私にとってはこれがすべてです。体重どうこうよりも、健康がいちばん。

 

新年初のクラスは、ディープヒーリング、満員御礼でした。

ご参加ありがとうございました。

 

1/8(土)にもリラクゼーションクラスがあります。
リラックスヨガとセラピータッチ、予約カレンダーで、講師2名(香耶・馬場)のクラスは色を変えました。それと、陰ヨガ系のクラスも違う色にしました。

ホームページも、敏腕エンジニアさんにお願いして見やすくリニューアルしましたので、ぜひ見てみてくださいね。

予約はこれまで通りにできます。

 

明日から、通常スケジュールです。3週目には、プライベートレッスンを4件ご予約いただいています。
嬉しい~。

 

人数が少なければ少ないほど、共感の精度があがる。エンパスヨガ講師にとって、それはとても幸せなことです。

 

 

 

 

 

 

おまけ。我が家のHSR(敏感すぎるラビット)突如自分の小屋の上に乗り、そのまま15分降りない。今までにないこと。どうしたんだろう?
彼女も、今年は変わると決めたのかな。一緒に変わろうじゃないの。

 

香耶