Blog
SATTViCA ブログ

ヨガの目的 加藤香耶

ヨガの目的をご存知ですか?

 

それは、プルシャ(真我)に至ること
「私たち」の人生はプラクルティに覆われ、プルシャであることを忘れてしまっている。

 

…なんていうと小難しいですね。

少しわかりやすいのかなと思うのが
人間も、動物も、どんな生き物も、もとは一つの存在でしかなかったという「ワンネス」という概念。
「ワンネス」聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

森羅万象のすべては、もとは「ひとつ」の存在
ビッグバンとともにその「ひとつ」が分離されて、生き物はそれぞれ別々の個体となって、各々が今、この時代を生きている
もとは同じ「ひとつ」だったのだから、人と比べる必要はなくて、あなたはあなた、私は私。
「あなた」も「私」も、ほんとうは存在しないのだけどね。
「私」と思っている体や心は本当の自分ではないと気づき、解放されること、それが真の自由であるというのが、ヨガ哲学の言わんとするところ。

 

本当の自分は「真我」であり、加藤香耶という肉体を持つ私のことではない。

 

ああ、またわかりにくくなっちゃった。

 

病気や怪我で時に苦しい想いもしてきてしまったけれども、私がヨガや瞑想をやめようと思わなかったのは
このワンネスを体感したような気がした時に(まわりくどい言いかたですが、目に見えない世界の話なので明言できなくて)
なにかわからないけれども、救われた!と感じ、そのワンネスのからくりを身体で知って、心の底から嬉しかったから、なのだと思います。

 

意識さえすれば、誰にでも体験できることなのだと感じます。

 

つながり(ヨガ)を感じることに喜びを感じられるなら、ヨガ講師としての私はまだ捨てたものではないかもしれない。
なんて自画自賛しながら今日も集中できない瞑想に励みます。集中なんて簡単にできません(断言)。
どうしたら集中できますか?だれか教えてほしい(笑)
とりあえず、とりあえず続けてみます。

 

※最近インスタに長い文章を載せていたら、ブログみたいになってきてしまいました。
そろそろこちらに戻ってきます。試行錯誤…。

 

香耶