Instructors


加藤 香耶

サトヴィカ・ヨガスクール ディレクター
加藤 香耶
KAYA KATO

埼玉県出身。文化服装学院服飾専門課程服装科卒業。
アパレル販売・メーカーの事務職などを経て2008年に第1子を出産、リフレッシュの為に通っていた産後クラスでヨガに興味を持つ。2009年第2子を妊娠時、寝たきりの入院生活を余儀なくされる。
産後、入院による筋力の低下と育児疲れや産後のホルモンバランスの不調から心身のバランスを崩し、回復を目指して自宅でヨガの練習を再開する。
アーサナだけではないヨガの様々な側面を学びたいと考え、本格的にヨガを学び始める。

2013年、都内ヨガスクールにて受付スタッフとして勤務。
産後ヨガクラスを担当したことをきっかけに、川崎市内(登戸・武蔵新城)を拠点とし、ヨガの普及活動を始める。
2014年よりスクールで一般向けクラスも担当し、ティーチャー・トレーニング・コースのアシスタントも務める傍ら、2016年、サトヴィカ・ヨガスクールを設立。

★全米ヨガアライアンス認定インストラクター(E-RYT200)
★ジョー・バーネット 陰ヨガ30時間ティーチャートレーニング モジュール1修了
★ヴィパッサナー瞑想10日間コース修了
★日本アーユルヴェーダ普及協会認定 アーユルヴェーダアドバイザー

ヨガとの出会い

物心ついた頃から、この世界のどこにも自分の居場所を見出せないという感覚に苛まれていました。

10代の頃は「人とは違う自分」を過剰に演出した時期もありました。
それと同時に、「人と同じようにできない自分」が嫌いでたまりませんでした。
20代になっても、生きる意味を見出せず、向こう見ずで破天荒であると同時に、臆病さも隠し切れない日々を過ごしました。
やるべきことはもちろん、やりたいことも見出せずに職を転々としました。

自分に自信がなく、母親になってからも苦悩の日々は続きました。
「このままでは、子どもに手を上げてしまうかもしれない」
自信の無さから、苛立ちや悲しみ、恐怖に心を支配され、眠れない日々…

30歳を境に、心だけでなく、身体も激しく壊れ始めました。
内科、耳鼻科、婦人科、心療内科、整形外科…ありとあらゆる病院をハシゴする日々。
毎日身体のどこかに痛みがありました。
「このままでは、私の身体はあと数年も持たないかもしれない。」
「何かがおかしい、どうにかしたい」

そう思い始めた頃、ヨガに出会いました。
「本来、世界はひとつながりである」
世界は果てしない優しさで私を包み込んでいるのに、その優しさを拒んでいるのは、自分自身。
皮膚一枚隔てた内側が自分自身、それ以外は、自分ではない。そう境界線を引いているのも、ほかならぬ私自身。
ヨガの哲学を学ぶことで、心の中でもつれた糸がスルスルと解けたように感じました。

心のこわばりが解けると、凝り固まっていた身体もみるみるほぐれたのです。
2012年、たった8週間で、心身ともに見違えるように健康になった私は、ヨガのとりこになり、その1年後にはインストラクターとして活動する決意をするまでにいたりました。

「起こることすべてに意味がある」というヨガの智慧を身につけた今では、 幼い頃からのつらかった日々も宝石の原石のように価値のあるものと感じています。
時に目を背けたくなるような人生の荒波が押し寄せたとしても、波が来たことを俯瞰して、待ちかまえるだけの余裕を持つようになりました。
そして、大きな波を乗り越えたその先には、深い安らぎに満ちた幸せな日々が訪れることを知り、 穏やかな心で日々を過ごしています。

私を苦しみから解放してくれた、ヨガの智慧の深遠さを、たくさんの方に伝えるために、活動をしています。
クラスに参加される皆様が、ヨガの智慧を日常生活に落とし込み、健やかな毎日が過ごせるようお手伝いをします!

今、皆さんの目の前には、どのような景色が広がっていますか?

世界は、私たちの心の状態を映す大きな鏡です。
目の前に広がる世界を輝かせ続けるために、一緒にヨガを学びませんか?
心を整え、身体も健やかに。
クラスでお会いできるのを楽しみにしております!

facebook
かとうかや
個人ブログ
yesterday was dramatc,today is ok