Blog


生姜 VS 花粉症 ? 吉満美穂

2018/03/14

好きなものは飽きるまで食べたい!くいしん坊・吉満です。
今回は3度目のmy生姜ブームのお話です。

ずいぶん前に「ガリ」作りにハマりました。小さい時からお寿司屋さんのガリが好きで、自分でも作れると知りせっせと作って、食べて、飽きました。

それから暫くして「新生姜の甘酢醤油漬」にハマり、新生姜が出まわる時期になると嬉しくて大量に買い込み過ぎて、食べきれなくなったコトも。

で、今回は生姜シロップです。

炭酸で割って作るスパイシーで辛みの強いジンジャーエールがとても美味。
それ以外にもお湯割り、水割り、ヨーグルトに入れてもおいしい。お菓子作りやお料理にも使えます。

作り方も簡単です。

生姜を刻んできび糖につける。水とスパイスを入れて煮込むと琥珀色のシロップ完成!!煮沸消毒した保存瓶に入れます。

新生姜じゃなくてもよいので、時期も選ばず。ポイントは無農薬。生姜は皮の近くの栄養価が高いので、有機栽培のモノならよく洗って丸ごと使えるのです。

煮出したあとの生姜も乾燥させて使いきれるのが嬉しい(そのまま食べても美味しい)。

10年ほど前に「生姜紅茶ブーム」なるものがありましたが、あらためて何がそんなにいいのか調べてみました。

加熱しても生でもそれぞれに効能がある。
よく知られているのは「身体を温める」ということで、血流促進や免疫力アップ(風邪やインフルエンザなどに感染しにくくなりますね)等々。もっと調べると花粉症などアレルギー症状を和らげるとも!!この時期に3度目目のブームが来たのには意味があったのですね。

他にもたくさんありました。インドや中国では昔から保存食や医療用として利用されてきたというのも納得です。
そして、生姜に関してはいつでも好きなだけ食べていいようです。百利あって一害なし‼︎!(個人により限度はあると思います)

美味しくてすぐになくなる。。。
とは言っても、食べ物には全てアレルギーがあり、それは食べる側の身体とのマッチングの問題でもあります。
好きなものを食べる時間はとても幸せです。好きなものを安心して食べ続けることが出来るように、自分の身体を知り、その食材がどんなモノなのか一度じっくり向き合うのも大切ですね。

とりあえず今年は、自家製ジンジャーエールをお薬代わりに花粉症対策してみます!

吉満美穂