Blog


水音に誘われて 伊藤英美

2018/01/06

「あれっ こんな所で水の音聞こえたっけ?」

毎度お馴染み 出勤途中の玉川上水沿い 。川のせせらぎに耳を澄ませ自転車を停めた。
「やっぱり聞こえる。 なんでだろう?季節が変わって何か変化した?それとも私が気づかなかっただけ?」答えが出せぬまま またペダルを踏んだ。

抱え込んでる仕事の山に少々気が重い。いつものベンチにお世話になろうと 帰りも川沿いを走った。

またも水音が・・・。
「なんでだろう? ここも聞こえてたっけ?」朝と同じような不思議な感覚を抱きながら走った。

ベンチに続く道は落ち葉で埋め尽くされていた。
陽が翳り始めた木々のトンネルをくぐり ホッと一息。
また水の音。
「? 、ここも 聞こえた?」
3度目の驚き・・。
でも 心地良さは変わらない。

腰を下ろし 仕事に取りかかった。
思いのほかはかどり 前向きな気持ちが湧いてきた。
ふと我に帰ると 背後から は またも・・・。
知らぬ間に水音に誘われ 助けられた一日だと思った。

最近は 木々や大地の方にばかり気を取られていた。
「いつでも見守っているよ 」
そんな声が聞こえた気がした。

英美