Blog


サトヴィカの思う「セルフケア」/ヨガ哲学入門スタート&日程追加 加藤香耶

2018/01/07

こんばんは、加藤です。
よく晴れた日曜日、馬場先生による「久地~東高根森林公園セルフケアウォーキング」が行われました。

朝の9時に久地(駅)集合…クジにクジ…馬場先生の好きそうな…笑
東高根森林公園は、川崎市内唯一の、県立公園です。
私は多摩区に住んでいた頃から、足しげく通っていました。
大好きなフィールドで、サトヴィカのイベントが開催できたこと、とてもうれしいです。

馬場先生は数年前から「NPO法人日本森林療法協会」の理事兼「森林セルフケアコーディネーター」であり、私は先日「森林セルフケアサポーター」の認定を受けました。

ヨガの目指すところは、経典風に言えば「真我に目覚めること」
かみ砕けば、「本来の自分に気づくこと」
それは「本来の自分」が私たちが今思っている、皮膚1枚隔てた内側の「私」ではいということに気づくこと…
んー?わかりにくくなってきましたか?

つまりは、エゴをなくすということなのです。

そして、ヨガスクールであるサトヴィカの目指すところは「多くの人が、ヨガなどのセルフケアを通じて心身健康になる(健康を保つ)こと」

そのために私たちができることはたーくさんあります。
大部分を占めているのが、ヨガのアーサナ(ポーズ)をお伝えすること。
そして、ヨガ哲学や、呼吸法など、アーサナを深める上でも欠かすことのできない知識や技術を身につけるお手伝いをすること。
そして、自然に触れて、五感を開くサポートをすること。

2018年のサトヴィカは、自然に触れる企画をより増やしていきたいと考えています。
もちろん、室内プログラムのみのご参加も大歓迎です!

自然の中に在る時、大きな力に生かされていると感じます。
自然の中に在る時、ちっぽけな自分が愛おしくなります。
そして自分と世界との境界線が薄れていくように思います。
世界と自分が同一であることは、「本来の自分」が前述の「私の思う私」ではないといことに、気付くことでもあります。
それは、ある種のヨガやハンドヒーリング、瞑想の時間にも起こり得ることであると感じます。

サトヴィカで、ご自分に合ったセルフケアを見つけてくださいね♪


ヨガ哲学入門クラスの様子

3回目のヨガ哲学クラスは2/25(日)、3/21(水、祝)、3/25(日)全3回
詳しくはこちらをご覧ください。

加藤香耶