Blog


もしも北海道で熊に襲われたら 落合未和子

2017/09/25

こんにちは。インストラクターの落合未和子です。

あっという間に夏が終わり、すっかり秋らしくなりましたね。
レッスンが終わった帰り道、聞こえてくる虫の声も変わったなぁと秋の訪れを実感している今日この頃です。個人的には秋が一番好きな季節です。
大好物の芋栗かぼちゃをはじめ、美味しい食べ物がたくさん(^^)

そして落合家秋の恒例行事、遅めの夏休み家族旅行があります!
毎年母の誕生日に合わせて家族で2泊3日の旅行へ出掛けます。
今年は大好きな北海道へ。
数年前にも訪れたことのある、知床~阿寒湖までを巡る旅でした。

3日とも雨予報が一転、快晴とはいかないまでも、日差しが強く秋の爽やかな空気の中に暑さも感じる陽気となりました。

能取岬から見下ろすオホーツク海。そしてかわいいシマリスたちに癒されました。

そして世界遺産知床五湖へ。
前回訪れたときとは様相が変わっていることにびっくり。立派な観光センターが建っていて、中に入ると受付カウンターが。なぜか、名前や住所の登録を促され…中へ入ると…
『熊に遭遇したときの対処法』というレクチャーが。ん?熊?出没していることは承知でしたが、前にはこんなものなかったような…少しドキドキしながらレクチャーが始まりました。

『食べかけのお菓子や味のついた飲み物、全て鞄から出してください。』と。
熊は犬より鼻が利くため、開封してある飲食物は大変危険とのこと。なるほど。全てをジップロックに入れて密封。

するといきなり、『先ほど近くの川で熊が目撃されました。熊に遭遇しないための歩き方、遭遇したときの対処法、襲われたときの対処法をしっかりと守るようにしてください』

襲われたときの対処法??

映像を見ながら、熊の生態や襲われたときに致命傷を負わないための対処法をとても詳しく教えていただきました。途端に恐くなったのは言うまでもありません…
ただ、決して脅かす意図ばかりではなく、ありのままの自然をみるということの本当の意味を教えてもらった気がしました。
お陰様で、とても楽しく安全な散策となりました(^^)

本当に美しい自然の姿。この自然を守っていくために私たちにできること、それは、熊や動物たちの住み処にお邪魔をしているのは私たちだということを絶対に忘れないことです。そして、その世界を見せてもらえる有り難さ。『ありがとう、お邪魔します。』という気持ちを忘れずにいなければいけませんね。

ちなみに、熊に襲われたときの対処法はこちら。

スタジオで香耶先生に撮影してもらいました(笑)


落合未和子