Blog


だるまさんが転~んだ 馬場健一

2018/03/02

冬の間のマイブームは、街中バードウォッチング、エネルギーワーク担当の馬場です。

意識をしてみると、家の近所でも色々な鳥たちに出会うことができます。

最近は、地上を歩くツグミ(冬鳥)とよく遭遇します。
観察していると、突然立ち止まり、また数歩歩き、立ち止まる行動を繰り返します。まるで、だるまさんが転んだをしているようにも見えてきます。

気がつけば、そのツグミの姿を追っている自分もまた、だるまさんが転んだをしていました(笑)

また、鳥を探していると自ずと樹木を眺めることが多くなります。

この時期は、早春を知らせる同じモクレン科のコブシやハクモクレンの冬芽が日に日に大きく膨らんできています。
触ってみるととても触り心地がいいんです~♪

四季を観察しながら生活をしていると不思議と自分のこころや身体への意識も向けやすくなります。

健康づくりにおいて、自分の身体の内側で起こる感覚に気づくことはとても大事です。

今度の日曜日は、サトヴィカの近所で森林セルフケアのウォーキングイベントを行います。

森林セルフケアでは、自然に触れながら自分にとっての心地よさに気づく体験になります。

早春を感じながら、あなたの心地よい感覚を探してみてはいかがでしょうか。

皆さんのご参加をお待ちしています。

馬場