Blog


『一期(イチゴ)一会??』  吉満美穂

2018/05/11

こんにちは。インストラクターの吉満です。
ゴールデンウィークが終わると私の花粉症もおさまり、そして私の好きなイチゴも終わりを迎えます。

今年もたくさんイチゴを食べました。
クセがなく甘酸っぱくてジューシィなイチゴ。子どもの頃はミルクや練乳をかけるとスペシャルデザートだと思ってましたが、成長してからはそのままが一番好き。
ジャムやシロップを作ろうと思って買っても、ついそのまま食べてしまうコトも^ ^

ただ可愛くて美味しいだけじゃない、栄養価も高くビタミンCでいえば7粒も食べれば1日に必要な量が摂れるという、小ちゃいのにすごいヤツなんですね。

ここへ来て小さかったり不揃いなイチゴがスーパーなどで安価で売られています。
私も最後の最後までイチゴを楽しもうとたくさん買って、シロップやジャムを作りました。ちょっと作り過ぎたのでイチゴジャム入りのパウンドケーキを焼くことにしました。
そして、せっかくだからたくさん作ってお裾分けをしようかなと♡
ここまでは良かったのです。

大きなスクエアのケーキ型を持っていて、それで焼いてカットしてコーティングしたらイイかもと。正方形のパウンドケーキの可愛い姿を想像しながらサクサク作業を進めオーブンで焼くこと40分。

ところが、焼きあがった姿は、、、そうだった。パウンドは真ん中膨らむんだ!カットしたら可愛いどころかなんとも不恰好になるでないか!!!
頭の中でパウンドとスポンジが混乱していたようであります。

かくして20cm四方のオバケパウンドケーキが誕生しました。スクエアカット出来ず。お裾分け成らず。お味は美味しかったけれど食べる用にカットした姿も中途半端でなんとも情けない姿。そして家族も食べ飽きてます。企画倒れ(泣)
アレコレと欲張るのはよろしくないようです。
今日しか出会えないイチゴの味をシンプルに味わいその美味しさに感謝します^ ^

ホワイトチョコとフランボワーズのフリーズドライフレークで最後まで悪あがき。4c㎡だったらとても可愛かったと思うのです。

吉満美穂